ビバリーヒルズバーガーなど『Big America』全四種類の栄養成分比較

自由が丘で働くWeb屋のブログ

ビバリーヒルズバーガーなど『Big America』全四種類の栄養成分比較

『Big America』全四種類の栄養成分比較

第一弾のグランドキャニオンバーガー、第ニ弾のラスベガスバーガー、第三弾のブロードウェイバーガー、第四弾のビバリーヒルズバーガーと、『Big America(ビッグアメリカ)』全四種類が出揃ったので、栄養成分を比較してみました。
詳細は以下から。

『Big America』全四種類の栄養成分比較

『Big America(ビッグアメリカ)』全四種類の栄養成分比較表。

製品名 エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 食塩相当量
グランドキャニオンバーガー 736(kcal) 40.4(g) 42.0(g) 48.3(g) 3.6(g)
ラスベガスバーガー 592(kcal) 32.4(g) 36.0(g) 34.6(g) 3.1(g)
ブロードウェイバーガー 585(kcal) 31.5(g) 36.8(g) 32.1(g) 3.0(g)
ビバリーヒルズバーガー 706(kcal) 34.5(g) 46.0(g) 37.4(g) 2.7(g)

赤色が4種類の中で最高値。
青色が4種類の中で最低値。
グランドキャニオンバーガーは5項目中4項目でトップ、存在感があります。
脂質が一番多いのが最近発売されたビバリーヒルズバーガー。アボカドの分でしょうか。
一番ヘルシーなのはブロードウェイバーガー、また、一番脂質が少ないのはラスベガスバーガーとなりました。

 
カテゴリー:グルメ, ファーストフード
タグ:
2012年3月9日 11時29分
 

関連記事

 

コメントを書く

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

(C) 自由が丘で働くWeb屋のブログ
Get Adobe Flash player