ビバリーヒルズバーガー

自由が丘で働くWeb屋のブログ

ビバリーヒルズバーガー

ビバリーヒルズバーガー

『Big America(ビッグアメリカ)』第一弾のグランドキャニオンバーガー、第ニ弾のラスベガスバーガー、第三弾のブロードウェイバーガーに続き、マクドナルド(マック)でビバリーヒルズバーガーを食べてきました。
詳細は以下から。

ビバリーヒルズバーガー

ビバリーヒルズバーガーの概要
価格は地域によって異なり、400円~420円。
2012年3月7日(水)~3月下旬まで販売するとの事。
マクドナルドの新商品は金曜日に発売される事が多いのですが、今回は週の真ん中の水曜日から販売開始です。
先日に販売されたレタス&ペッパーバーガーの売れ行きと何か関係があるのかもしれません。

ビバリーヒルズバーガーの栄養成分

ビバリーヒルズバーガーの栄養成分

製品重量 エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 食塩相当量
262(g) 706(kcal) 34.5(g) 46.0(g) 37.4(g) 2.7(g)

 

ビバリーヒルズバーガーの外観

新横浜駅前にあるマクドナルド
今回は新横浜駅前にあるマクドナルドで購入してみました。

ビバリーヒルズバーガーの包装
第一弾のグランドキャニオンバーガー、第二弾のラスベガスバーガー、第三弾のブロードウェイバーガー同様、箱には入っておらず、紙で包まれているだけの状態。

ビバリーヒルズバーガーの発売日
トレイ上の紙には『3.9 START!』と書いてあるので、やはり当初は3/9(金)の発売だった様です。

ビバリーヒルズバーガーを開けてみたところ
開けてみました、どーん。

ビバリーヒルズバーガーを上から見た図
上から見た図。バンズはラスベガスバーガーと同じ物の様です。

ビバリーヒルズバーガーを横から見た図
横から見た図。
グランドキャニオンバーガーと同様に卵が入っている分、厚みがあります。

ビバリーヒルズバーガーを開けてみたところ
開けてみたところ。

ビバリーヒルズバーガーのバンズに付いたアボカドソース
アボカドソースは思ったより少ない印象。

ビバリーヒルズバーガーの卵の上でとろけるチーズ
卵の上に乗ったチーズが美味しそうにトロけてます。

ビバリーヒルズバーガーのパティの下を開けてみたところ
パティの下を開けてみました。

ビバリーヒルズバーガーのレタスとフライドオニオン
レタスとフライドオニオンが確認できます。
レタスの量はレタス&ペッパーバーガーよりも多い印象。

ビバリーヒルズバーガーに使用されているパティ
クォーターパウンダーバーガーと同様の1/4ポンドのパティ。

ビバリーヒルズバーガーの断面図
ビバリーヒルズバーガーの断面図。

ビバリーヒルズバーガーの感想

ビバリーヒルズバーガーの感想
卵が入っているので持った感じはズッシリと重いです。
高さがあるので口を大きく開けて食べる必要があります。
アボカドとチーズの濃厚な味付けに、シーザーソースの酸味がアクセントなって美味しいです。
レタスのシャキシャキとオニオンのサクサクな食感が良い感じですが、生アボカドを使用していたらさらに食感が良かったかも。
ボリュームたっぷりで美味しく頂けました。

スイートアンドサワーソース

スイートアンドサワーソースの外観
チキンナゲット用のソース『スイートアンドサワーソース』も食べてみました。

スイートアンドサワーソースの中身
色は果物のジャムの様な感じ。
チキンナゲットに付けて食べてみると、ソースの味がチキンナゲットの衣の味に負けてしまい、甘み酸味ともにあまり感じません。
ポテトに付けて食べてみると、桃の甘酸っぱさが良く分かります。

個人的には前回のバッファローソース同様、レギュラーソースには一歩及ばないかな、という感じでした。

 
カテゴリー:グルメ, ファーストフード
タグ:
2012年3月7日 12時07分
 

関連記事

 

コメントを書く

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

(C) 自由が丘で働くWeb屋のブログ
Get Adobe Flash player