さくらのマネージドサーバーにEC-CUBE 2.11をインストール

自由が丘で働くWeb屋のブログ

さくらのマネージドサーバーにEC-CUBE 2.11をインストール

ec-cube_211

さくらのレンタルサーバが提供する『さくらのマネージドサーバー』に『EC-CUBE 2.11』をインストールしてみました。
詳細は以下から。

サーバーのディレクトリ構成

今回は1つのサーバに複数のEC-CUBEを設置する事を想定したディレクトリ構成でインストールを行います。
サイトのURLが『http://ec.hoge.com/』の場合、下記の様な構成でインストールを行います。

/
 /data
  /ec.hoge.com
   /(EC-CUBEの『data』データ)
 /www
  /ec.hoge.com
   /(Webルートディレクトリ)

SSHクライアントソフト

今回は『Poderosa』というSSHクライアントソフトを使用します。

さくらのマネージドサーバーにPoderosaでログイン

を起動し、『ファイル→新規Telnet/SSH接続』を選択します。

ホスト:example.sakura.ne.jp
プロトコル:SSH2
ポート:SSH(22)
アカウント:契約時のアカウント
認証方法:パスワード
パスフレーズ:契約時のパスワード

ターミナル設定(デフォルトのまま)
ログの種類:なし
エンコーディング:UTF-8
ローカルエコー:しない
改行の送信:CR
種類:xterm

さくらサーバーのオンラインマニュアルにも詳しい説明があります。

EC-CUBEのダウンロード・解凍・設置・編集

EC-CUBEのデータ用のディレクトリ『data』を作成します。

% mkdir data

一時ファイル用のディレクトリ『tmp』を作成し、『tmp』ディレクトリへ移動します。

% mkdir tmp
% cd tmp

今回は解凍後の各ファイルがパーミッションなどを維持できる様、『tar.gz形式』のファイルをダウンロードします。
2011/05/10時点の最新版:Version 2.11.1(tar.gz)

% wget http://downloads.ec-cube.net/src/eccube-2.11.1.tar.gz

ダウンロードしたファイルのパーミッションを変更します。

% chmod 755 eccube-2.11.1.tar.gz

tarコマンドにオプションを付けてファイルを解凍します。

% tar zxvfp eccube-2.11.1.tar.gz

解凍後の『data』データの中身をを移動します。

% mv eccube-2.1.2/data/ /home/アカウント名/data/ec.hoge.com

解凍後の『html』データの中身をを移動します。

% mv eccube-2.1.2/html/ /home/アカウント名/www/ec.hoge.com

さくらのマネージドサーバ-では『.htaccess』にPHPの設定を記述すると『500 Internal Server Error』になってしまう為、下記パスの『.htaccess』を削除します。

/home/アカウント名/www/ec.hoge.com/.htaccess

『.htaccess』内に書かれているPHP設定は、必要であれば、さくらサーバーの管理画面から設定が可能です。

下記パスの『define.php』をエディタなどで開き、3行目をコメントアウトし、その下に1行追加します。

//define("HTML2DATA_DIR", "../data/");
define("HTML2DATA_DIR", "../../data/ec.hoge.com/");

EC-CUBEのインストール

上記作業が完了したら、ブラウザから『http://ec.hoge.com/』にアクセスします。
ec-cube_211_001
『次へ進む』ボタンを押します。

ec-cube_211_002
『>> ×:PHPの設定ディレクティブ「magic_quotes_gpc」が有効になっています。』とエラーが表示されるので、さくらサーバーの管理画面から、PHPの設定を変更します。
さくらサーバーの管理画面にログインし、左側メニューにある『サーバツールの設定』にある『PHP言語に関する設定』をクリックし、『PHP設定の編集』をクリックし、下記1行を追加します。

magic_quotes_gpc = off

ec-cube_211_003
『>> ○:アクセス権限は正常です。』と表示されるので、『次へ進む』ボタンを押します。

ec-cube_211_004
各種ファイルがコピー成功した事を確認し、『次へ進む』ボタンを押します。

ec-cube_211_005
ECサイトの設定を入力し、『次へ進む』ボタンを押します。

ec-cube_211_006
データベース情報を入力し、『次へ進む』ボタンを押します。

ec-cube_211_007
通常はチェックボックスにチェックを入れずに『次へ進む』ボタンを押します。

ec-cube_211_008
テーブルのデータ作成や初期データの作成に成功した事を確認し『次へ進む』ボタンを押します。

ec-cube_211_009
サイト情報を確認し、『次へ進む』ボタンを押します。
以上でインストール作業は完了です。

 
カテゴリー:Webシステム開発, レンタルサーバー
タグ:,
2011年5月11日 09時07分
 

関連記事

 

コメントを書く

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

(C) 自由が丘で働くWeb屋のブログ
Get Adobe Flash player