ハッカ油とアルコールで涼感スプレーを自作してみた

自由が丘で働くWeb屋のブログ

ハッカ油とアルコールで涼感スプレーを自作してみた

ハッカ油とアルコールで涼感スプレーを自作してみた
ハッカオイルとアルコールで涼感スプレーを自作してみました。
詳細は以下から。

手作り涼感スプレー

手作り涼感スプレー
ハッカ油はその名の通り油なので、そのままでは水とは混ざりません。
そこで、溶剤としてアルコールを用います。
アルコールが入ることによって揮発性も高まり、より涼しく感じるというメリットも。

除菌スプレー
本来であれば精製水や消毒用エタノールを準備するところですが、面倒なので今回は除菌スプレーをそのまま使ってみます。

※人によっては肌に合わない場合もあるので、必ずパッチテストを行なってください。

注意点として、ポリスチレン(PS)製容器は、ハッカオイルに含まれるリモネンという物質によって溶けてしまう為、ガラス製の瓶かポリプロピレン(PP)、ポリエチレン(PE)製の入れ物を使う必要があるとの事。

今回の容器はポリプロピレン(PP)とポリエチレン(PE)製なので問題無さそう。

濃度は5%~10%
濃度などは好みの濃度で良いと思いますが、

こちらのサイトに5%~10%と書かれていたので、今回は5%で作成してみます。
除菌スプレーの容量が400ml。ハッカオイルの容量が20mlなので、除菌スプレーを20ml減らしてハッカオイルを全部入れて完成!

手作り涼感スプレーの感想
使ってみたところ、良い感じの濃度で市販の涼感スプレーと較べても遜色ない出来!
材料費は『ハッカ油』が493円で『アルコール除菌スプレー』が349円で合計842円、100mlあたり約210円です。
シャツクール』が100mlで430円するので、とってもリーズナブル♪

手作り涼感スプレーで暑さを乗り切りたいと思います!

 

 
カテゴリー:ショッピング, ライフハック
タグ:
2013年8月22日 19時42分
 

関連記事

 

コメントを書く

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

(C) 自由が丘で働くWeb屋のブログ
Get Adobe Flash player