マックの『クォーターパウンダー ホワイトチェダー』を食べてみた

自由が丘で働くWeb屋のブログ

マックの『クォーターパウンダー ホワイトチェダー』を食べてみた

マックの『クォーターパウンダー ホワイトチェダー』を食べてみた
マクドナルドから期間限定で販売されている『クォーターパウンダー ホワイトチェダー』を買って食べてみました。
詳細は以下から。

クォーターパウンダー ホワイトチェダー

クォーターパウンダー ホワイトチェダー
価格は地域によって異なり、単品価格は税込みで460円~520円。
2013年12月11日から2014年1月上旬まで期間限定で販売するとの事。
以下、公式サイトから抜粋。

1/4ポンドビーフパティ(通常のビーフパティの約2.5倍)を、濃厚なホワイトチェダーチーズ2枚で贅沢にはさみ、あつあつジューシーなビーフパティと、クリーミーでマイルドな味わいのホワイトチェダーチーズが絶妙に絡む一品です。さらに、刻んだオニオンをローストし、オニオン本来の甘みやコクを引き出したオニオンフィリング、香ばしく焼いた食べごたえのある2枚のグリルベーコンとマスタードソースの辛味が合わさり、ビーフパティの美味しさを思い切り満喫できるハンバーガーに仕上げました。

クォーターパウンダー ホワイトチェダーのカロリー・栄養成分

クォーターパウンダー ホワイトチェダーのカロリー・栄養成分

製品重量 エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 食塩相当量
220(g) 584(kcal) 34.2(g) 34.2(g) 34.4(g) 4.0(g)

クォーターパウンダー ホワイトチェダーの外観

今回は単品の『クォーターパウンダー ホワイトチェダー』と『チーズポテトディップ』を注文
今回は単品の『クォーターパウンダー ホワイトチェダー』と『チーズポテトディップ』を注文。
包み紙ではなくオリジナルの箱に入って提供されます。
箱には『QUARTER POUNDER WHITE CHEDDAR』という文字と、ベーコン・1/4ポンドビーフパティ・ホワイトチェダーチーズの写真がプリントされています。

クォーターパウンダー ホワイトチェダーの外観
さっそく開けてみました、どーん。

クォーターパウンダー ホワイトチェダーを上から見た図
クォーターパウンダー ホワイトチェダーを上から見た図。
中央に切れ目の入った特徴的なバンズが使用されています。

クォーターパウンダー ホワイトチェダーを横から見た図
クォーターパウンダー ホワイトチェダーを横から見た図。
厚みはほどほど。

クォーターパウンダー ホワイトチェダーを開けてみたところ
パカっと開けてみました。
左側が上に乗っていたバンズです。

上に乗っていたバンズには刻んだオニオンをローストたオニオンフィリング
上に乗っていたバンズには刻んだオニオンをローストたオニオンフィリングが確認できます。

1/4ポンドビーフパティの上にはホワイトチェダーチーズとベーコンが2枚
1/4ポンドビーフパティの上にはホワイトチェダーチーズとベーコンが2枚。

1/4ポンドビーフパティの下にもホワイトチェダーチーズが確認できます
1/4ポンドビーフパティの下にもホワイトチェダーチーズが確認できます。

クォーターパウンダー ホワイトチェダーの断面図
クォーターパウンダー ホワイトチェダーの断面図。
1/4ポンドビーフパティと下段のバンズの間にはマスタードソースも塗られています。

クォーターパウンダー ホワイトチェダーの感想

クォーターパウンダー ホワイトチェダーの感想
今回新たに開発された『ホワイトチェダーチーズ』は、クリーミーでコクのある味わいとの事でしたが、濃厚さは感じますが香りは弱く、ベーコンやオニオンフィリングの塩気に負けてしまっていてボヤけた印象。

オニオンフィリングは『テキサスバーガー』や『アイダホバーガー』などのビックアメリカで味わった胡椒の効いたソースに似ています。

全体的には上手くまとまっていて、濃厚で食べ応え充分ですが、できれば通常のチェダーチーズ版も味わってみたいな、と思います。

 
カテゴリー:グルメ, ファーストフード
タグ:
2013年12月13日 23時07分
 

関連記事

 

この記事へのコメント

コメントを書く

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

(C) 自由が丘で働くWeb屋のブログ
Get Adobe Flash player