[Windows] iPhoneやiPadのバックアップ先を変更する方法

自由が丘で働くWeb屋のブログ

[Windows] iPhoneやiPadのバックアップ先を変更する方法

[Windows] iPhoneやiPadのバックアップ先を変更する方法

iPhoneやiPadをiTunesに接続した際に実行されるバックアップ先(MobileSync/Backup)はCドライブの任意の場所に固定されており、iTunesの設定からは変更することができず、CドライブにSSDを使用している場合などは容量が圧迫されて不便です。
WindowsPCでiPhoneやiPadのバックアップ先を変更する方法は以下から。

iPhoneやiPadのバックアップ先を変更する方法

隠しフォルダが表示される様に設定
下準備として、隠しフォルダが表示される様にします。
『コントロールパネル』→『フォルダーオプション』を選択し、『表示』タブ内の『隠しファイル、隠しフォルダー、及び隠しドライブを表示する』にチェックを入れておきます。

iPhoneやiPadがパソコンに繋がっている場合はケーブルを抜き、iTunesを終了
iPhoneやiPadがパソコンに繋がっている場合はケーブルを抜き、iTunesを終了しておきます。

下記『Backup』フォルダをコピーします。

C:\Users\[ユーザ名]\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup

※『Users』フォルダは『ユーザー』と表示されている場合があります。

上でコピーした『Backup』フォルダをDドライブの任意の場所に置きます。
今回はCドライブと同様の構成で設置しました。

D:\Users\[ユーザ名]\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup

Dドライブに貼り付け完了後、Cドライブにある『Backup』フォルダは削除します。
※Cドライブの『Backup』フォルダを削除しないと上手くいきません。

『スタート』→『すべてのプログラム』→『アクセサリ』内にある『コマンドプロンプト』を右クリックし、『管理者として実行』を選択します。

コマンドプロンプトにて下記コマンドを実行します。

mklink /d "C:\Users\[ユーザ名]\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup" "D:\Users\[ユーザ名]\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup"

コマンドプロンプト上に下記メッセージが表示されたら成功です。

C:\Users\[ユーザ名]\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup <<===>> D:\Users\[ユーザ名]\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup のシンボリック リンクが作成されました

 
カテゴリー:ガジェット, ソフトウェア
タグ:, , ,
2013年2月15日 12時35分
 

関連記事

 

コメントを書く

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

(C) 自由が丘で働くWeb屋のブログ
Get Adobe Flash player