[PHP] 『Warning: Cannot modify header information』というエラーが出る際の意外な原因

自由が丘で働くWeb屋のブログ

[PHP] 『Warning: Cannot modify header information』というエラーが出る際の意外な原因

[PHP] 『Warning: Cannot modify header information』というエラーが出る際の意外な原因
PHPでリダイレクトをかける際など、『Warning: Cannot modify header information – headers already sent by ~』というエラーが出てしまう場合があります。
一般的な原因と意外な原因は以下から。

一般的な原因

一般的にはは『header(“Location: hoge.php”);』の様な処理を行う前に、『echo』や『var_dump』などで何かしらの出力がされているのが原因です。

意外な原因

上記の一般的な原因の様に何かを出力していないにも関わらずこのエラーが出る場合は、ファイルの文字コードをチェックしてみてください。
UTF-8の『BOM有り』になっている場合、それが原因です。
『BOM無し』に変えることでエラーが出なくなります。

 
カテゴリー:Webシステム開発
タグ:,
2013年6月13日 20時07分
 

関連記事

 

コメントを書く

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

(C) 自由が丘で働くWeb屋のブログ
Get Adobe Flash player