[JavaScript] ブラウザの戻るボタンを無効にする方法

自由が丘で働くWeb屋のブログ

[JavaScript] ブラウザの戻るボタンを無効にする方法

[JavaScript] ブラウザの戻るボタンを無効にする方法

ブラウザのバックボタンを押しても戻らない様にJavaScriptで制御する方法。
詳細は以下から。

ブラウザの戻るボタンを無効にする方法

<script type="text/javascript">
history.forward();
</script>

上記スクリプトをソースの上の方(head内など)に記述します。
上記方法でInternetExplorerやGoogleChromeには対応できますが、Firefox系には対応できません。
Firefox系に対応する為にはさらにもう一行追記します。

<script type="text/javascript">
window.onunload = function(){};
history.forward();
</script>

ちなみに厳密にはJavaScriptでブラウザの戻るボタンを無効にする方法はありません。
【history.forward();】は、戻るボタンを押して1ページ分戻った際に「forward」で1ページ前に進めています。

 
カテゴリー:Webシステム開発
タグ:
2012年12月21日 06時05分
 

関連記事

 

コメントを書く

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

(C) 自由が丘で働くWeb屋のブログ
Get Adobe Flash player