CPIサーバーでWordPressやCakePHPを使う際の注意点

自由が丘で働くWeb屋のブログ

CPIサーバーでWordPressやCakePHPを使う際の注意点

cpi

CPIサーバーでWordPressやCakePHPを使う場合、デフォルトのままアップロードしただけでは動作しない為、一工夫が必要です。
詳細は以下から。

CPIサーバーでWordPressやCakePHPを動作させる方法

WordPressやCakePHPはその構造上、『mod_rewrite』を使いますが、CPIサーバーでは『.htaccess』の記述に以下の3行を追記する必要があります。

AddHandler x-httpd-php528 .php
Options +FollowSymLinks
suPHP_ConfigPath /usr/home/ユーザID/secure/php.ini

CakePHPのウェブルートに設置する『.htaccess』の場合、下記の様になります。

AddHandler x-httpd-php528 .php
Options +FollowSymLinks
suPHP_ConfigPath /usr/home/ユーザID/secure/php.ini

<IfModule mod_rewrite.c>
    RewriteEngine On
    RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
    RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
    RewriteRule ^(.*)$ index.php?url=$1 [QSA,L]
</IfModule>



 
カテゴリー:Webシステム開発, レンタルサーバー
タグ:, , ,
2011年3月20日 16時30分
 

関連記事

 

コメントを書く

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

(C) 自由が丘で働くWeb屋のブログ
Get Adobe Flash player