ユーザーインターフェイス定義ファイルの呼称

自由が丘で働くWeb屋のブログ

ユーザーインターフェイス定義ファイルの呼称

ユーザーインターフェイス定義ファイルの呼称

「Interface Builder」が扱うユーザーインターフェイス(UI)定義ファイルは拡張子が「.xib」にもかかわらず、しばしば「Nibファイル」と呼ばれることがある。その理由は下記に。

Nibファイルと呼ばれる由来

「Interface Builder」が扱うユーザーインターフェイス(UI)定義ファイルは、以前は「.nib」という拡張子を用いていた為、「Nibファイル」と呼ばれた。その後、「.xib」という拡張子が使われる様になったが、慣習として今でも「Nibファイル」という呼び名が使われる事がある。

 
カテゴリー:アプリ開発

2010年7月28日 22時32分
 

関連記事

 

コメントを書く

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

(C) 自由が丘で働くWeb屋のブログ
Get Adobe Flash player