『英語なんてこれだけ聴けてこれだけ言えれば世界はどこでも旅できる』を買ってみた

自由が丘で働くWeb屋のブログ

『英語なんてこれだけ聴けてこれだけ言えれば世界はどこでも旅できる』を買ってみた

『英語なんてこれだけ聴けてこれだけ言えれば世界はどこでも旅できる』を買ってみた
ロバート・ハリスさんの書籍『英語なんてこれだけ聴けてこれだけ言えれば世界はどこでも旅できる』を購入して読んでみました。
詳細は以下から。

英語なんてこれだけ聴けてこれだけ言えれば世界はどこでも旅できる

英語なんてこれだけ聴けてこれだけ言えれば世界はどこでも旅できる
書籍の表紙はこの様な感じ。
帯にはロバート・ハリスさんらしき人物のイラストと、
『余計なことは勉強するな これだけ持って旅に出よ!』
という、ロバート先生のありがたい言葉が書かれています。
なお、音声データは無料でダウンロードできるとの事。

「英語なんてこれだけ聴けてこれだけ言えれば世界はどこでも旅できる」の特徴
裏面には本書の特徴が書かれています。

  1. これだけ聴ければ困らない
  2. これだけでどんな場面でもいける魔法の万能フレーズ10
  3. ここまでできればもう万全のフレーズ10
  4. あいさつ、呼びかけ、返事はこれだけでいい
  5. これが言いたかった!「ツボ」フレーズ30
  6. 付録 自分だけのしっくり表現メモ

「英語なんてこれだけ聴けてこれだけ言えれば世界はどこでも旅できる」の中身
書籍の中身はこの様に分かりやすく書かれています。

日本の英語教育で昔から使われてきた『Thank you very much.』の様な表現は、現実の会話で使われることは殆ど無く、本書に掲載されている様な、全世界的にもっとも一般的でカジュアルでシンプルで口語的な基本フレーズを身につける事が、英会話上達の近道かもしれません。

 
カテゴリー:書籍
タグ:,
2013年12月17日 23時00分
 

関連記事

 

コメントを書く

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

(C) 自由が丘で働くWeb屋のブログ
Get Adobe Flash player