Excelが謎の強制終了

自由が丘で働くWeb屋のブログ

Excelが謎の強制終了

excel_error

PCにインストールされているExcel(Ver.2002、OfficeXPに入っているもの)において、ある操作を行うと必ず動作が停止するという現象に見舞われました。
詳細は以下から。

強制終了になる操作

シートのタブ部分を右クリックして「移動またはコピー」を選択し、「コピーを作成する」にチェックを入れてOKボタンを押すと、何故かExcelが強制終了になるという現象に見舞われました。

excel_error_window

何度繰り返しても強制終了、再現度100%という強敵でしたが、原因が判明しました。

エラーに気付いたキッカケ

毎回強制終了になる度に自動保存が働いて一時ファイルが保存されていました。
そのファイルを開き、元ファイルの名前で再度保存しようとすると、下記の様なエラーが出ました。

ファイルにアクセスできませんでした。次のいずれかを行ってみてください。

・指定したフォルダがあることを確認します。
・ファイルを含むフォルダが読み取り専用になっていないことを確認します。
・指定したファイルの名前に次のいずれかの文字もふくまれていないことを確認します : < > ? [ ] : | *
・ファイル名およびパス名が半角で218文字より長くないことを確認します。

どうやら、元ファイル名に [] という記号を使っている事がエラー理由の様です。

強制終了の原因は

このファイルを開く前にWindows上でリネームしたのですが、その際に [] をファイル名に使用してしまったのがいけなかった様です。
新しいシートを追加する際、そのシートが属するファイル名に使用できない記号が入っていた事が、今回のエラーの原因なのでしょう。
普段はプログラムばかりで、あまりオフィス系ソフトは触らないのですが、もっと勉強しないといけませんね・・・

 
カテゴリー:ソフトウェア
タグ:
2011年3月2日 06時58分
 

関連記事

 

コメントを書く

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

(C) 自由が丘で働くWeb屋のブログ
Get Adobe Flash player