[Linux] ファイルやディレクトリの所有者を再帰的に変更する方法

自由が丘で働くWeb屋のブログ

[Linux] ファイルやディレクトリの所有者を再帰的に変更する方法

[Linux] ファイルやディレクトリの所有者を再帰的に変更する方法
Linuxでファイルやディレクトリの所有者を変える際に、そのディレクトリの下階層、フォルダ内の他のフォルダやファイルの所有者を一括で変更したい場合があります。
詳細は以下から。

ファイルやディレクトリの所有者を再帰的に変更する方法

所有者を変更する場合は『chown』コマンドを使用しますが、下階層まで再帰的に一括変更したい場合は、オプションに『-R』を付けます。
例えば、『hoge』ディレクトリの下にあるファイルやフォルダの所有者を再帰的に変更する場合は下記の様なコマンドを実行します。

# chown -R hoge
 
カテゴリー:Webシステム開発
タグ:
2013年6月27日 23時44分
 

関連記事

 

コメントを書く

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

(C) 自由が丘で働くWeb屋のブログ
Get Adobe Flash player