[カップ麺] 日清 焼豚ラ王 コク醤油

自由が丘で働くWeb屋のブログ

[カップ麺] 日清 焼豚ラ王 コク醤油

[カップ麺] 日清 焼豚ラ王 コク醤油

日清の『焼豚ラ王 コク醤油』を買って食べてみました。
詳細は以下から。

日清 焼豚ラ王 コク醤油

日清 焼豚ラ王 コク醤油
パッケージはこの様な感じ。
大きく『焼豚』と書かれています。

上部には『具と食べる贅沢。』というキャッチフレーズ
上部には『具と食べる贅沢。』というキャッチフレーズ。
公式ホームページにも以下の様に書かれています。

厚さ4mmの食べ応えがある大判焼豚2枚が入った、「麺と具を一緒に食べる贅沢な瞬間」を、最後の一口まで楽しめる一杯です。

麺はノンフライ麺で熱湯5分で完成、お湯の目安量は430ml
麺はノンフライ麺で熱湯5分で完成。
お湯の目安量は430mlです。

側面にも『焼豚ラ王 コク醤油』のロゴが大きくプリント
側面にも『焼豚ラ王 コク醤油』のロゴが大きくプリントされています。

日清 焼豚ラ王 コク醤油のカロリー・栄養成分
日清 焼豚ラ王 コク醤油のカロリー・栄養成分。
エネルギーは475kcalです。

 原材料に関連するアレルギー物質の表示
原材料に関連するアレルギー物質の表示。

日清 焼豚ラ王 コク醤油の調理方法
日清 焼豚ラ王 コク醤油の調理方法。
液体スープを先に入れてしまうと麺がほぐれないので注意。

液体スープに焼豚、かやく、焼き海苔
中に入っている具材などはこの様な感じ。
液体スープに焼豚、かやく、焼き海苔が入っています。

日清 焼豚ラ王 コク醤油のノンフライ麺はこの様な感じ。
以前の『日清 ラ王 濃厚コク醤油豚骨』のノンフライ麺と比べると、より透明感があります。

日清 焼豚ラ王 コク醤油の完成図
熱湯5分で完成しました、どーん。
中華スープの良い香りが漂います。

食べ応えのある厚さ4mmの大判焼豚が2枚と海苔が2枚
食べ応えのある厚さ4mmの大判焼豚が2枚と海苔が2枚。

日清 焼豚ラ王 コク醤油の麺
麺はこの様な感じ。
やや縮れた中太麺で、見た目はまるで生麺。

日清 焼豚ラ王 コク醤油の感想

日清 焼豚ラ王 コク醤油の感想
麺はツルツルとしていてコシもあり、小麦の香りも感じます。
ただ、袋麺のラ王に比べるとコシが弱く、モチモチとした感じ。

作り方通りに五分で仕上げると解れにくい印象ですが麺は柔らかくなっているので、固めが好きな人は四分程で仕上げても良いかも。

スープは中華そばらしいオーソドックスな感じ。
醤油のコクよりは胡椒の香りの方が強く感じます。

焼豚はスープの旨味をシッカリと吸っており、インスタントとしては厚みがあり、肉の食感や旨味も楽しめます。

希望小売価格が255円(税別)と一般的なカップ麺に比べると高めですが、値段に納得できる味でした♪

 
カテゴリー:グルメ, コンビニ
タグ:
2013年4月3日 06時01分
 

関連記事

 

コメントを書く

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

(C) 自由が丘で働くWeb屋のブログ
Get Adobe Flash player