Javaを無効にする方法

自由が丘で働くWeb屋のブログ

Javaを無効にする方法

Javaを無効にする方法

米連邦政府や日本の独立行政法人が、プログラム言語の『Java(ジャバ)』をパソコン上で使えなくする様に求めています。
詳細と対処法は以下から。

Javaのセキュリティ問題

米国土安全保障省が2013年01月10日に発表した内容によると、現在広く使われている『Java7』において、外部から攻撃するための方法が広く公開されているとの事です。
また日本の独立行政法人である『情報処理推進機構(IPA)』も2013年01月11日から『緊急』として警戒を促しています。
現時点ではこの問題への対策は見つかっていない為、被害を避けるためにはJavaの設定を無効にする必要があるとの事です。

ちなみに、『Java』と『JavaScript』は異なるものです。

Javaの設定を無効にする方法

Javaの設定を無効にする方法
Windows7の場合、コントロールパネルを開くと『Java(32ビット)』の様なアイコンがあるのでそれを開きます。

Javaコントロールパネル
『Javaコントロールパネル』ウインドウが開くので、上部の『セキュリティ』タブをクリックし、 『ブラウザでJavaコンテンツを有効にする』のチェックボックスの選択を外して『適用』ボタンをクリックします。
ブラウザの再起動後に変更が有効になります。

ブラウザ毎の対応方法

Internet Explorer

上記の『Javaの設定を無効にする方法』以外、InternetExplorerで個別に無効にする方法はありません。

Chrome

  1. 右上のアイコンをクリックして『設定』を選択します。
  2. 『設定』ウィンドウの下部にある『詳細設定を表示』をクリックします。
  3. 『プライバシー』セクションまでスクロールして『コンテンツの設定』をクリックします。
  4. 『コンテンツの設定』をクリックします。
  5. 『プラグイン』の『プラグインを個別に無効にする』をクリックします。
  6. 『Java』の『無効にする』をクリックして無効にします。
  7. ブラウザの再起動後に変更が有効になります。

Firefox

  1. 『Firefox』タブ、もしくは『ツール』をクリックして『アドオン』を選択します。
  2. 左側の『プラグイン』を選択します。
  3. 『Java (TM) Platform』を選択します。
  4. 『無効化』をクリックします。

Safari

  1. 右上のアイコンなどをクリックし『環境設定』もしくは『設定』を選択します。
  2. 『セキュリティ』タブを選択します。
  3. 『Javaを有効にする』の選択を解除します。
  4. Safari環境設定ウィンドウを閉じます。
 
カテゴリー:セキュリティ
タグ:
2013年1月14日 14時49分
 

関連記事

 

コメントを書く

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

(C) 自由が丘で働くWeb屋のブログ
Get Adobe Flash player