聘珍樓(へいちんろう)の肉包(肉まん)を買ってみた

自由が丘で働くWeb屋のブログ

聘珍樓(へいちんろう)の肉包(肉まん)を買ってみた

聘珍樓(へいちんろう)の肉包(肉まん)を買ってみた

聘珍樓が販売している肉包(肉まん)が美味しそうだったので購入してみました。
詳細は以下から。

聘珍樓の肉まん

聘珍樓の肉まん3個入り
聘珍樓の肉まんは3個入りで1,291円。1個当たり430円とコンビニの肉まんに比べて高価ですが、味に期待できます。

大きな文字で『肉包』と書かれてあり、その下には『にくまん』と振り仮名
大きな文字で『肉包』と書かれてあり、その下には『にくまん』と振り仮名が。

下の方には聘珍樓の金色ロゴ
下の方には聘珍樓の金色ロゴ。

聘珍樓の肉包の原材料名
原材料名はこの様な感じ。
老酒が入っているのがちょっと驚き。

聘珍樓の肉包の栄養成分
栄養成分はこの様な感じ。
肉まん1個当たりの重量が200gなので、肉まん1個当たりのカロリーは下記の通り。

製品重量 エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 ナトリウム
200(g) 462(kcal) 13.6(g) 10.0(g) 71.2(g) 472(mg)

聘珍樓の肉包の調理方法
肉まんの調理方法。蒸し器での調理がおすすめの様です。

聘珍樓の肉包を蒸す前
お皿に出してみました、どーん。
コンビニ肉まんより二回りほど大きいです。

聘珍樓の肉包を蒸した後
水を少量かけて電子レンジで蒸かしてみました。
温める前より少しフックラしたかも。

聘珍樓の肉包の断面図
肉まんの断面はこの様な感じ。
皮はフックラとしており、具はギッシリと詰まっています。

聘珍樓の肉まんの感想

皮はほんのりと甘く、フワフワと弾力があります。
この皮は牛乳で練り込まれているとの事。
餡の豚肉は肉汁が溢れてとてもジューシー。
シャキシャキとした食感はタケノコかと思いましたが、クワイという水性野菜だそうです。
味付けはやや薄味ですが、豚肉や椎茸の旨みがしっかりと感じられるので食べ応えは充分です。

味・ボリュームとも満足できる肉まんでした♪

 
カテゴリー:グルメ
タグ:
2013年1月2日 08時49分
 

関連記事

 

コメントを書く

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

(C) 自由が丘で働くWeb屋のブログ
Get Adobe Flash player