URLにBASIC認証のユーザー名とパスワードを埋め込む方法

自由が丘で働くWeb屋のブログ

URLにBASIC認証のユーザー名とパスワードを埋め込む方法

basic_auth

簡易的なアクセス制限の手法としてBasic認証を用いることは多いですが、認証をかけたURLをシステム内に取り込みたい場合など、ユーザー名(User)とパスワード(Password)の取り扱いに困る事があります。
その様な場合、(セキュリティ問題は置いといて)URLにユーザー名とパスワードを埋め込んでアクセスする事が出来ます。
詳細は下記の通りです。

URLにBASIC認証のユーザー名とパスワードを埋め込む方法

BASIC認証のユーザー名とパスワードをURLに埋め込む方法は、「http://」の後にユーザー名を入れてセミコロンで区切り、その後にパスワードを入力後、アットマークを付けたURLを記述します。

例)
 URL :http://hoge.com/
 USER:username
 PASS:password
    ↓↓↓
 http://username:password@hoge.com/

 
カテゴリー:Webシステム開発
タグ:
2010年10月4日 21時42分
 

関連記事

 

この記事へのコメント

コメントを書く

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

(C) 自由が丘で働くWeb屋のブログ
Get Adobe Flash player