PHPでエラーを表示する方法

自由が丘で働くWeb屋のブログ

PHPでエラーを表示する方法

warning

環境によってはセキュリティの為にPHPのエラーを出力しない設定にしているサーバーもありますが、製作中のスクリプトの何処にエラーがあるのか、把握できないと困る場合も多々あります。
PHPのエラーを表示する方法は下記の通りです。

php.iniの設定

「php.ini」において、「display_errors」が「Off」になっていると、エラー出力の設定を行っても表示されない為、「php.ini」に下記の様に記述します。

display_errors=On

また、デフォルトでは「warning」は表示されない為、「php.ini」に下記の様に記述します。

error_reporting = E_ALL

スクリプトごとの設定

各スクリプトごとにエラー出力の設定が行えます。

<?php
// 全てのエラー出力をオフにしたい場合
error_reporting(0);

// 全てのエラーを出力したい場合
error_reporting(E_ALL);
?>
 
カテゴリー:Webシステム開発
タグ:
2010年9月3日 21時38分
 

関連記事

 

コメントを書く

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

(C) 自由が丘で働くWeb屋のブログ
Get Adobe Flash player